読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェンダーワイズ

Gender-wise 世の中のニュースやトピックをジェンダー視点から読み解く

浅田真央とは何だったのか

 真央ちゃん、引退しちゃいましたね。

www.huffingtonpost.jp

 浅田真央は、最後まで浅田真央でした。クリーンで清い。ひたすら純粋に練習に励み、競技生活を全うしました。

 お茶の間の人達は、「勤勉」「男の影を感じない」なおかつ「朗らでキュート」で、そしてそのイメージを決して裏切ることがない真央ちゃんがよかったのだと思います。

 なんといっても、まったくダーティなイメージがありません。男関係をすっぱ抜かれることもありませんでした。上手に隠していたわけではなく、本当にこの人は男関係を断って練習に励んでいたとしか思えません。

 なのに、このストイックさにあって、競技者とは思えない位、ふわふわした朗らかさを感じます。スポーツ界で頂点を極める女性たちは霊長類最強、野獣などなど、色々言われますが、この浅田真央に至ってはまったく別の次元にいるようです。

 そんな浅田真央だからこそ、引退会見の評判がお茶の間ですこぶる良いようです。

 平井堅もちょっと前の自身のファンクラブの会報でこのように言っていたそうです。

引退してもタレントにならないで!汚れないで!
このおじさんみたいになっちゃうよ!

  ・・・気持ち悪いですね。真央ちゃんはあなたの都合のいい道具ではありません。

 結局、お茶の間にとっては、浅田真央とはペットのように愛玩したいものなのかもしれません。ひらひら衣装にばっちりメイク、優雅にすら見えるフィギュアスケーターは、お人形さんのようなカワイイものなのかなあ。

 しかし、常に勝負のために切磋琢磨していて、多くのことを犠牲にした過酷な毎日を送っているはずなのに、なぜ、こんなに妖精のようないでたちに受け答えなんだろう、と不思議な思いです。

 思うに、アスリートとして、純粋無垢なまま、競技生活を送ってきたのではないでしょうか。無垢という言葉は少々足りないので、もう少し書いていきます。 

 フィギュアスケートを長年見てきた私にとっては、浅田真央がジュニアで彗星のごとく現れた頃こそ、その技術力の高さに衝撃的でした。浅田真央黄金時代がやってくると確信し、真央ちゃんに心酔しました。

 が、しかし、その後は思うほど伸びていきませんでした。

 もちろん、輝かしい功績はありますが、彼女にはもっともっとポテンシャルがありました。キムヨナを超える実力も本来備えていたはずです。

 残念ながら、旧採点後の新ルールにおいて、基礎点の高いルッツがエラーになったり、3-3の連続ジャンプが飛べない(トゥージャンプがトゥアクセルになってしまう)など、基礎力がやや不足していました。そして修正もうまくいきませんでした。 スピードとパワーも不足していました。

 トリプルアクセルが飛べ、超絶ステップという技術があるにもかかわらず勿体ない。

 また、アルトゥニアンコーチの下で米国に2年もいましたが、とうとう英語が話せるようになりませんでした。周囲とのコミュニケーション能力にはやや疑問符がつくところです。

 コーチとの師弟関係も、どことなく距離があり、信頼しきっている感じはありませんでした。晩年、日本人コーチというチョイスしかなかったのは残念でしかありません。

 学校も満足に通っていなかったわけですから、インタビューで答える彼女の語彙には私はいつも幼さを感じていました。

 つまり、彼女は練習100%で生活していたのです。そんな働き蜂的な考え方は、スポーツ科学においてはもはや、通用しないと危惧がありました。もっと学業も芸術も余暇も必要です。それが演技の引き出しになっていくからです。

 安藤美姫は英語が流暢です(海外にいたら当たり前ですが)。宮原知子は学業も優秀です。逆に、脱線という例では、荒川静香がフィギュアから離れてサブウェイでバイトをしていた、などなど、浅田真央にはスケート以外に興味のあるものがなかったのではないでしょうか。

 お茶の間ではキュート!と可愛がられる女性でありながらも、アスリートとしてセクシュアリティを微塵にも感じません。選手生活をする上でオトコを我慢したというより、練習に猪突邁進するあまりそちらに目をくれなかった、という感じがします。

 男性関係に限らず、生活のすべてがそうだったんだろうと思います。

 バンクーバーオリンピックで2位になったとき、呆然と泣き続け、結果に満足しないそのアスリート魂にお茶の間の感動を呼びました。

 作り笑顔で表彰式に臨み、他の受賞者を讃える、という余裕はありませんでした。

 相当の負けず嫌いですが、言い換えれば、彼女は表彰台の一番高いところにしか目標がなかったように思います。それはアスリートとしてば当然といえば当然かもしれませんが、羽生選手は勝っても試合の中身を常に問い続けています。

 つまり、毎回の試合でのレビューが甘かったではないかと私は思います。トリプルアクセルがランディングできれば及第点、という感じすらしました。アクセルの精度を上げることだけではなく、試合をどう点数で積み上げていくか、もう少しち密な計算をした上で試合構成を考えて臨んでほしかったと思います。コーチも手を焼いたことでしょう。

 決して年齢的な衰えがあるとは思えません。戦略いかんでは、もう少し長く競技人生を送れたように思います。

 

 まるで妖精のような引退会見ではありましたが、彼女自身、純粋にスケート100%に打ち込んできた結果であることは間違いありません。打算がなく、ひたすらまっすぐ、無垢なのです。

 無垢なゆえに、アスリートとして高い完成度の域に達することができなかった無念さを感じ取ってしまった今回の会見でした。

   感動的な場面もありました。会見の最後に後ろを向いて涙をぬぐってにこっと笑いました。選手時代泣いてばかりいたことへの反省だと思います。とくにバンクーバー。何の後悔もないという精一杯の意思表明。

 引退はしましたが、もちろん、人生はこれまで以上に輝かせることができます。競技時代にできなかったことを、これから貪欲に取り返していってほしいと強く望みます。

 

 

どこまで魔女狩り?ベッキー

 久々の更新。ジェンダーワイズとしては一言いいたくてしょうがないこの話題。

biz-journal.jp

 たかだか不倫でねえの?。が、まるで刑期を終えて復帰したような罪人の扱いではないかと目を疑ってしまう。

 一般に、不倫経験者の率は案外高くて、3-4割ともいわれているけれども、芸能界はもっと多いかもしれないし、すっとぼけて隠している人などゴマンといる。レポーターの取材も無視、結局は「沈黙は金」が賢いのかと。

 だから、あまりに正直に言い過ぎてしまって大損しているように感じる。CMなどでの清純イメージも重要だろうが、それにしても世間のバッシングは厳しすぎる。

 サンデージャポン西川史子が「私が妻だったら許せない。自分がベッキーだったら引退する」とキーっと語っていたが、人妻である私自身は西川史子にはあまり共感できないでいる。

 第一に、いくら貞操の義務があろうとも、パートナーは自分の所有物ではない、と思うので、「奪った・奪われた」という観点でギャーギャー騒ぐのはおもちゃをとられた子供のレベル。

 第二に、いくら貞操の義務があろうとも、一生を一人のパートナーだけに注力するのは無理があり、多少のお遊びをしてしまうのも致し方ない(許容するかどうかはそれぞれに夫婦間の問題だが)。

 第三に、一番悪いのは夫である川谷絵音であって、そこと妻の話しあいに尽きると思う。ベッキーが妻と一対一で会って、そこで謝罪して、どうなるとでもいうのだろうか。法律に従うなら妻はベッキーに対しひたすら慰謝料を求めればいいだけである。

 それにしても、金スマでの中居君のインタビューは絶賛されていて、私はその何が評価しうるのか、まったく理解不能だけれど、とにもかくにも感じたのは、反省、謝罪のというよりも、ベッキーの心の闇は未練と戦いつづけ、悲劇のヒロインの渦中にあるということだ。

 ”自分は最もしていけないことをしてしまった。奥様のために身を引かなくてはいけない、奥様、もう彼とは二度と会いません”。ひたすらそれだけを感じる。彼への気持が冷めた、とは言葉からは感じない。むしろ悲劇が思いを募らせ、萌えである。

 私なら冷めるけどね・・、こんな男。前髪がダッサイし。純粋でまじめな彼女は、いいように遊ばれたんだろう。たぶん、川谷絵音はもうちょっとドライなんだろう。もちろん、彼なりの心の痛みはあったのだろうけど、淡々と時間が解決し、そのうち、また新しい恋人を作るだろう。レポーターに追われ、PR活動としては大成功だったじゃないか。もはやゲスの極み乙女はもっともメジャーなバンドになった。

 不可解なのは、ラインのやりとりが文春に暴露されたこと。一体誰がリークしたのか。個人情報がこんなにもろくていいのか。関係者が画面を写メしたのか、それも、ラインのっとり事件のように誰かが不正ログインしたのか、、一体どっちなのだろう。誰もがLINEセキュリティの脆弱性を騒いではいないので不思議だ。いずれにしても、盗み見をネタとして記事にする文春の倫理観とは???。

 

 芸能界の不倫で思い出すところでは、過去には、内村光良徳永有美(当時既婚)のケースもあったが、ベッキーほどは糾弾されてはいまい。調べてみると内村ことうっちゃんはその後干されて危ういところまで来たらしいが見事復活を遂げたし、最終的に彼らの不倫愛は結婚という形で貫かれたところに、結局は美談となった。 

topicks.jp

 ベッキーの話に戻るが、ラインが暴露されてしまった不運な部分も感じるし、事務所やスポンサーに振り回されながら身を引く決意をした馬鹿正直さとか、ベッキーには同情を感じてしまう。だから、ギャーギャーと「彼女はもはや芸能界に必要ない」とか、「戻ってくるな」などと叩いているネットの人たちをみると、単なるストレスのはけ口のようにしか見えない。最初の会見で友人関係とウソをついたこと、そんなのデフォルトでしょう。芸能人の交際発覚はみんな「いいお友達です」ですから。確かに、ラインでの「文春ありがとう」発言は、ひんしゅくかもしれない。「心が通い合った時点で不倫です」発言は、正直なようで自己弁護っぽさが私は好きではない。しかし、少なくとも画面を通して、不器用なくらいの実直さは伝わってくるではないか。

 このたび、「卒論」が提出され、二人は付き合うことだって可能なのに。略奪愛といわれた芸能人なんていっぱいいるのに。結局、ベッキーは恋愛よりタレント人としての道を選んだ。

   私自身、ベッキーが好きでも嫌いでもないし、彼女に特別な才能を感じているわけでもないが、結局はなんだかんだ自分の欲望のまま生きている矢口真理とは感じるところが違っていて、ベッキーこそは救済されるべきと思ってしまうのだ。

 

千原ジュニア結婚キタ~!スピリチュアル女子大生CHIEの予言通り?!

www.asahi.com

 

 発表一時間後に、福山雅治の結婚スクープで、何ともかすれる千原ジュニアであるが、結婚こじらせ芸人としては嬉しいビッグニュースではあるまいか。

 なぜなら、スピリチュアル女子大生chieが、彼女の番組(今は終了している)で、昨秋しっかりジュニアを透視して、近々モデルのような女性と出会って結婚する、と言ってたから。

chiespi.blog.fc2.com

 ぞくぞくってくるものがある。モデルかどうかはわからないけれど、芹奈似のすらっとした美人で一般人とのことだが、芸能に近い仕事をしていた可能性もあるのではないのか。名前まで予想していたけれど、さて事実はいかに。

 占いが背中を押したということもあるかもしれない。

 

 

 

ミッツマングローブ負けるなよ!

 ここまでのインテリが、LGBTの問題になぜ言い返せない。だって、いつも切れがあってカッコイイ、ミッツ・マングローブですよ。
 最初はLGBTについて好意的に見せていた中尾ミエが、もうちょっと突っ込んで聞いてみると、「子孫繁栄を果たしなさい」と、子を持つ結婚以外には否定的=ヘテロ婚しか許さない、ときた。面白いなあ。
 そうなのです。特にジェンダーに関することに理解を示す態度の人に、よくよく聞いてみると、まったく反対だったりすることが多々あります。実に表面的に装ってるだけか、ということだ。つまり、うわべだけの理解を示さなくてはならないくらい、ジェンダー問題は人権問題であり社会問題であり、無知で浅はかと思われてはならん、とコンサバな人達を脅迫するのです。かといって、自身の根源にまで沁みついている考えというのはそう簡単に変える(=偽る)ことはできないため、すぐぼろがでてしまうのです。

 そんな脆さも、ミッツマングローブによって、ピシャっと叩かれるのかと思えば、そんなことはありませんでした。何事も芸能人って、大先輩には絶対服従なのかもしれない。中尾ミエに対して、黙ってしまうなんて。いや、中尾ミエの変貌に驚いて絶句してしまったのかもしれないし、バラエティ番組にあっては、笑いが優先と思ったので、思想の対決はいけないと思ったのかもしれません。

 だけどさ、子孫繁栄が果たせるなら、人工受精も代理出産でもなんでもありってことですよね、中尾ミエさん。

 ゲイ界のインテリ、ミッツよ。負けてはならない。あなたがたたかわずして、誰がたたかうのか。

絶歌についての反応

 神戸市で児童連続殺傷事件をおこした元少年Aの手記「絶歌」が発売となり、報道番組でもウェブでも反響があとを絶たない。おおむね、「出版差し止めすべき」「私は買わない、読まない」などの意見が主流のようである。

 私が気になるのは、学者や評論家等の有識者があまり本件について発言してないことだ。Twitterやブログ等チェックしてみたのだが。なにかアンタッチャブルのような扱いな気がする。書店側も「販売しない宣言」をしているところも次々に現れ、モラルを示している昨今。そういえば、私の近所の書店でも置いてはいなかったようだ。単に田舎のせいなのか、売れすぎて欠品なのかはわからない。
 識者といっても、タレントなどがテレビで発言しているのはみたし、フリーアナの長谷川豊が肯定的な意見をブログ記事にしたというのは知ってるが、長谷川豊はしょせんはタレントであって、ジャーナリズムからはほど遠い。
 つまり、ここには「表現の自由」という我々が保証されている権利というものが前提にあって、この冠を外して語ることは、有識者という立場においては難しい。かといって、殺人事件であり、遺族の感情という大きな社会的な壁がある。この二つを両立させるには、並の頭脳では難しく、炎上リスクの覚悟が必要というものだ。

 読んでいないものはコメントできない、と言ってた大学教授のtweetも目にした。正直関わりたくないというところか。
 一方で、アマゾンでのブックレビューにも関わらず、読んでもいない人達が大群で非難している異常な現象もおこっている。事件について語るBBSならまだしも、あくまでここはブックレビューであるのに。
 名の知れている人と匿名な人との差は実に大きいのがいびつ。そういう私も匿名だが、ひとまずここは冷静であらねば。

 そんな中で弁護士の紀藤正樹が氏のブログで「もう匿名は許されないのではないか?」と記事を書いている中で、

 

仮に本の内容が虚偽で死者の名誉を傷つける部分があれば、刑法230条2項「死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 」と言う規定上、共犯に問われる可能性すらあります。
もちろん本の内容に、ご遺族の名誉をき損する行為が、あれば「通常の名誉棄損」のルールに基づいて、民事上も刑事上も、処断されることになると思います。

と、十分に名誉棄損として訴えられる可能性があるどころか、刑事罰として処遇される可能性があることを示唆している。

 出版差し止め、回収を求める抗議もされているため、このままだと民事訴訟までに発展する可能性は高いのではないか。もう30過ぎたオッサンである元少年Aは、14歳の少年ではない。いつまでも少年Aのまま匿名でいられるのかどうか。やはり著作側にも 大きなリスクと責任が問われるということだ。

 (ジェンダーとは無関係記事でした)

お茶の間人気!ゾノ(前園真聖)は何が変化した?

 近頃、元サッカー選手で現解説者の”ゾノ”こと前園真聖がプチブレイク中である。
 ああ、あのチャラかった人。あまりに早咲きで上りつめて、勘違いしちゃって、結局ワールドカップにも行けなかった人。当時周りの女性はみんな嫌ってた。31で早めの引退、そして、いつの間にか暴力事件起こしてたんだっけね。
 しかし、しくじってからが真骨頂。ピンチをチャンスにしちゃった稀有の人。おバカがつくくらいピュアで天然、そして会話の”間”の取り方が抜群にいい。その人間力がスポーツ界ではなくて、バラエティでは逸材となる。執拗なぐらい松本人志にイジられてブレイクした。

 でも、あれぇ?、この人チャラくなくなった?何かが変わった・・・と思う人も多いのでは?
 そう、髪型が変わった。トレードマークのロン毛でなくなった。 

http://stat.profile.ameba.jp/profile_images/20140310/19/95/ab/j/o015001501394448331065.jpg

http://blog-imgs-78.fc2.com/c/u/t/cuthousehashimoto/fc2blog_2015041406333422b.jpg

 フツーのスポーツマン的な爽やかな人に変わってしまった。

 ちなみに、逮捕騒動の頃が下の写真↓ 。すでに解説者だったから、さすがに現役の頃のように肩に髪が付くロン毛にじゃらじゃらアクセサリーというではないが、まだちょっとチャラさの残骸が残ってやや痛い。

http://matomeyomi.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e58/matomeyomi/672204l-7eb25.jpg

 もともと田舎の純朴な青年だったから、本来は素朴で人の良いとこがあるのだろうに、急に都会に出て注目浴びちゃって、装ったロン毛という仮面の下に、おおい隠されちゃってたのね、すべて。外観風貌は女性から嫌われる典型だった。

 人生半分損したような気もするが、いやいや!チャラいことでいい思いもいっぱいしただろうし、何より、今現在、チャラい時の自分を自虐ネタにして食ってるんだからすごい。テレビ朝日「しくじり先生」でのしくじりカミングアウトは記憶に新しい。
 同じしくじり先生に出たホリエモンも言っていたが、自分の弱みを他人に見せることは心を開いてもらう上で重要だそうだ。ゾノは、弱みを全部さらけだしちゃってお茶の間の人気に。

 髪型変えて、自虐ネタ披露、今度は飾らず、いつも正直に。そして天賦の才能、天然(笑)、じゃない、サッカー。
 しかし、いつまでも、イジってもらうだけでは持たない。本業のサッカー解説者で本領を発揮しないとそのうち飽きられる。それと、事件への反省態度が受け入れられているので、禁酒は続けた方がいい。どうせもともと酒は苦手なんだから、一生飲まなくてもいいんじゃね?と思う。これが人物評価につながる。草彅剛が5年禁酒したと聞いてちょっと驚いていたゾノだったが・・。

 ともあれ、人生やり直したい、というときに、髪型を変えるのは、一つかもしれない。もちろん中身がともなってこそ、だが。

片岡愛之助 なぜ歌舞伎役者はモテる?

 片岡愛之助熊切あさ美の破局報道。え、どっちもだあれ?って、ああ、半沢直樹に出てた人!って、熊切あさ美にいたってはえーっと確か、グラビアなのかなって感じで、いまいち、スターカップル感が無い。でも、熊切が破局号泣否定したもんだから、ワイドショーネタに沸騰。一体、歌舞伎役者ってなんでこんなにモテるの?

f:id:genderwise:20150601083213j:plain

 この首の傾げ方はナニ・・?。くりっとした髪型はくせ毛なんですか、パーマなんですか。それにこの眉毛・・浅田真央ちゃんにみたい。ただ物凄い福耳です。金持ってそうです。
 海老蔵とかがモテるのはわかる。精悍な顔つきで、力強さがある。中村獅蔵についてはワタシ的には顔は嫌いだが、モテるのはわかる。が、一方、片岡愛之助は・・。
 しかし、歌舞伎の役者たちはめちゃめちゃモテるらしい。やはり、歌舞伎という伝統芸能柄、礼儀や作法はきちんとしているところが、紳士的に見えるそうだ。背筋ピシッとして、敬語も使えて、落ち着きがあって、育ちがよい、幼少の折りからきちんと鍛錬されてきた、そして、女性の扱いになれていて、知名度があって高収入で、歌舞伎という伝統芸能、、、そうか、、貴族なのだ、貴族、この人達は。品の良さ。いくらイケメンであろうとも芸能人はしょせんはちゃらい、格が違うというものだ、高貴なお方だってこと。そういう人にコロっといっちゃうだけでなく、ジェンダーワイズ的には、高貴なお方とつきあいがあることで、自分も高貴なお方になった気になるのが快感ではなかろうかと解釈する。セレブ感たっぷり。梨園はちょっとコワイけど、その中にいる自分を想像して酔いしれる。
 浮名を流した相手は、サトエリ、元タカラジェンヌ愛原実花、ホステスとの間にすでに隠し子もいる。なるほど。

 そして、今回の熊切あさ美

http://pds.exblog.jp/pds/1/201505/30/09/b0338509_8232976.jpg

 号泣しても、綺麗なお顔立ちは変わらず。付き合っているのを隠すことなく、インタビューにもいつも「幸せです」とリア充アピールしてきたのだが、こういうの片岡愛之助としては困っちゃってたかも。梨園ではちゃらちゃらしたタレントは嫁にふさわしくないと敬遠され、現に片岡の父親(養父)からは反対されていたらしい。彼はとっくに別れ話をして別れていた、と言い張り、怒りまで表明する。
 しかし熊切あさ美の会見によると、

【激白】熊切あさ美が涙の真相激白 恋人・片岡愛之助と「別れていない!」 - YouTube

 別れ話もされてないし、片岡は4月は公演で家(同棲してた家)におらず、引き続き5月は仕事が忙しく睡眠時間が取れないのでホテル住まいをする、ということだったらしい。が、その間も普通にメールで連絡をとりあっていたらしい。おそらく、片岡は別れたくて、何度かそれとなく匂わしていたのだろうが、空気の読めない熊切にしっかり引導を渡せなかったというのが現実であろう。

 そう、問題は藤原紀香だ。彼女と付き合いだしていた。熊切とは何がなんでも3月には別れてたことにしないとまずい。4月は公演ですでに彼女の元から離れてた。だから、片岡は「もう3月に別れてた」という。熊切にとっては青天の霹靂。

 藤原紀香。見よ、この和服姿。

http://static.apple.nextmedia.com/images/apple-photos/apple/20150529/small/29ee3p17.jpg

 片岡愛之助の公演に招待されて、なんと和服で観劇。私は伝統芸能というものを普段からたしなみ、リスペクトして、TPOがわかる品のある女なの。タレントとかいってバカにしないでよね、熊切とは違うのよ、梨園の方々、って殴り込みではないか、これは・・。

 セクシーダイナマイト、そして熊切にはない大人の色気に、片岡がぞっこんかもしれない。まあ、どのみち梨園からは反対されるだろうし、今回のドタバタで、藤原紀香のプライドがめらめらと、片岡愛之助に対する怒りに燃え上がっていることだろう。アタシがこの程度の男とつきあっていたなんて!交際してたなんて絶対認めないわ。ジ・エンド、となりそうな予感。
 紀香は結局女優としての代表作もないし、どっちかといえばビジュアルタレントではなかろうか。私はこの人が出るドラマを見ていても、役になり切っておらず、自分をどう見せるかしか興味がないようにいつも感じていた。陣内と格差婚したときは好感度が一切上がった。でも別れてしまった。バラエティに出て自分を落とすこともないが、まあお茶の間的な才能もないだろう。40超えたら劣化していくのみなので、今後をどうしようか、女としての焦燥たるやいかに。片岡愛之助とも勝負がかかっていたのかもしれない。
 罪な男だ、歌舞伎役者は。それでも、なおモテ続けるのだ。 やっぱり小林真央ぐらいしたたかな女でないとつとまらない。